TOP

最近は昼間からふらふらと風俗にいっている、私の風俗体験談をご紹介!

半分以上の時間を攻めていました

どうやら数秒タッチの差でリザーブが埋まってしまったらしく、スタッフに相談したところ、そのスタッフが「ふうかちゃんはお勧めの女の子ですよ。」と押してきたので、とりあえずそのぽっちゃり女の子を指名してみました。プレイに関しては、前の回このお店で利用した際、発射できなかった事があったので、予め女の子に、「2回頑張りたいんだけど・・・」と言ってみました。微妙な反応をされるのではないかと思いましたが、ぽちゃ女子は「はいじゃぁ、私も頑張ります。」と笑顔で返してくれたので大変安心しました。今回はシャワーの時点で既にちんぽはかたくなっており、いつでも発射可能な状態でした。ぽちゃ女子には「1回すっきりしますか?」とニコニコした笑顔で聞かれたので、女の子に確認をとってから発射しました。しかし、ここから問題が。やはり歳の為でしょうか。発射してから2回は無理だと気づき、攻めに徹してみました。しっかりと感じてくれているのか、ぽちゃ女子は気持ちよさそうによがって、全身痙攣しながらクライマックスを迎えてくれたようでした。気づくと半分以上の時間を攻めに費やしてしまいましたが、ぽっちゃりなダイナマイトボディの前にたまにはこういうプレイもいいかなと。


五反田の風俗が半端ない

半端ない風俗…それが五反田にはあります。何もない街としての印象が強い五反田ですが、実際にオフィス街などを除くと、あまり生活感はなく都心といった印象が強いものでしょう。活気がないからといって寂れた街というわけではなく、実際にポテンシャルは非常にあります。夜になれば街は表情を変え一変します。風俗街ですので当然盛り上がりをみせるものですが、五反田は一味違うといえるでしょう。何が違うかといわれると一目瞭然で、風俗のサービスの質や規模感が全く違います。店舗型風俗のファッションヘルスのジャンルとしては異例中の異例で、在籍女性は100名を超え出勤女性は60名以上です。普通の風俗店では到底ありえない規模ですので、圧倒的にビジネスとしての方向性が一般的な風俗店とは違います。普通は、店舗型・無店舗型に限らず、在籍30名程度で出勤は1日に10名といった規模感です。そこを現代では人気のなさそうなファッションヘルスでありながら、3~4倍近い規模で営業されているわけですので驚きです。東京都内に限らず全国的な人気店と比べての異常なくらいの人気さが伺えます。単にお店の人気・評判もありますが、五反田に足を運ぶ利用者の多さも理由・要因の1つでしょう。風俗を利用したいと考えている男性の多くはピンサロを目的に来ています。世間一般の利用者層と比べると若干年齢層が高めの傾向はあるでしょうが、それだけ昔から根強い人気を博してきたと考えられます。その何が凄く半端ないのかというと利用者の数であると言えるでしょう。ファッションヘルスで人が並び行列を作る。それだけで非常に現実離れした状況であると誰でも分かるはずです。利用者の多くは皆目的が同じでしょうから人目などを気にすることもないかもしれませんが、並ぶことの羞恥心も生まれないくらいです。風俗店の行列ではなく、何かのイベントや限定品の販売の列かと思ってしまうくらいです。それだけ人気とサービスの質が伴っている最高級な部類なのです。お店も規模が小さいわけではありませんが、それ以上に利用者の需要で溢れかえってしまうほどなのです。五反田に足を運びこの状況を目にすることがなければ信じることはできないかもしれませんが、一目見てしまえば本物であることは直ぐに分かるはずです。夜の時間だけでなく昼間からも列が出来るレベルの風俗店というものを体感してみてはいかがでしょうか?


他愛もない雑談で時間を潰してキッス

休みの日の昼間、先日のデリヘルもも良かったのですが、なんか満足せず消化不良気味なのでピンクサロンに行ってみることに。受付けに行きインターネットのメルマガを見せてフリー宣言をします。待合室に目を向けると…ここはもう客で満員ですね。昼間なので空いてるだろうと、たかをくくっていたのですが、大きな間違いでした。10分位でしょうか。先客を差し置いて私が呼ばれました。向かって右側の奥から二番目のシートに案内され、手の消毒をしてしばらく待ちます。ピンサロ嬢は、20代は間違いありませんが、暗くて判別できませんね。スーツやドレスがよく似合い、しっかりとした口調で応対する風俗嬢です。悪いが、この店には不釣り合いなほどきちんとしているのが好印象ですよ。顔は…別れるときのお楽しみですね。暗くてわからないのはこういう戦略なのかなって思いました。あいさつ後、他愛もない雑談で時間を潰してキッスをします。そこからプレイスタートですね。